ナースの責任度

| 未分類 |

ナースという職業は、患者さんの命に関わる仕事なので、その必要性は高く、遣り甲斐も大きい一方で、非常に責任感の重い大変な職業です。ナースの仕事内容には、日々の検温や点滴や採血、服薬管理や栄養管理、血糖値チェックだったり排便コントロール、体拭きや入浴介助や食事介助などに加え、患者さんのリハビリテーションがあるときやレントゲンや、そのほかの検査や治療に行く際には、車椅子送迎をしたりすることもありますし、カルテ記載や申し送りをしたり、患者さんの家族を呼んでのカンファレンスなどに出席することもあり、その仕事内容は非常に多岐に渡ります。これらの仕事は、入院している患者さんにとって、どれも重要なものばかりなので、その責任は重くストレスも大きいです。その上、ナースの勤務体系は非常に不規則で、患者さんはいつ救急車で運ばれてくるかわかりませんし、いつ入院している患者さんが急変して、具合が悪くなるかもわからないので、早朝でも深夜でも関係なく24時間誰かが居なければならず、夜勤や準夜勤や早朝勤務などがあります。そのため、不規則な生活リズムになってしまい、ナース自身が体調を崩してしまうケースも多く、ナース転職のきっかけは、自分の健康を損ねてしまったときという場合も多いです。このほか、ナース転職のきっかけは結婚だったり、妊娠や出産で小さな子どもがいるときに子育て優先したいことがナース転職のきっかけになる場合も多いです。