看護師求人のポイントとしては、勤務する病院の種類によって労働条件が大きく異なることです。まず総合病院や大学病院といった病棟をもった病院とクリニックや診療所といった違いがあげられます。総合病院に勤務する場合は、給料の上昇が期待できる可能性が大きいです。しかし夜勤があることもあるので、労働条件が厳しい場合もあります。一方クリニックに勤務する場合は、給料は総合病院に比べて多くない可能性があります。しかし夜勤がない場合が多く、パートといった時間制限の融通が利く場合もあります。次に看護師求人のポイントとしては、総合病院とで勤務する場合には、外来と病棟での労働条件の違いがあります。外来勤務は基本的には日勤になります。時には夜勤当直もある場合もあります。病棟勤務の場合は、ほぼ2交代制か3交代制になり、夜勤があるため、労働条件が厳しい場合があります。そして看護師求人のポイントとしては、総合病院に勤務する場合、科による勤務内容が大きく異なることです。例えば、ICUに勤務した場合、常に緊張を強いられます。また患者の容体急変で緊急な勤務を強いられるため、残業も多い場合もあります。ただし総合病院の場合は、給料のアップや看護師としての裁量の幅が広い為、やりがいが大きい可能性もあります。看護師求人のポイントとしては、勤務するところによって、労働条件が大きく異なることを知ってておく必要があります。そして自分自身がどれだけ病院でのやりがいを求めて、目標といったことも病院選びの大切な要素になります。また病院の福利厚生や教育制度がしっかりしているかも病院選びとしては大切な要素になります。そして、実際に面接や病院の雰囲気を知ることも病院選びとしては、大切な要素の一つになります。