看護師求人の現状

| 未分類 |

看護師求人の現状はかなり活気付いたものになっています。高齢化により、病院へ行く回数の多い年代の人口が増えてきたのに対し、新しく看護師になる人の数が少子化で減ってきている為です。一般の職業よりも求人が多いので就職難にならないのが看護師求人の現状ですが、看護師としてのキャリアを高める事でさらに就職先の選択肢を増やす事ができます。キャリアアップの為の資格は保健師・助産師・専門看護師・認定看護師の4つがあります。それぞれどういった特徴があるのか見てみましょう。保健師の資格を取りますと、地区活動や学校・会社などを通じて疾病の予防や健康増進などといった公衆衛生活動を行う、地域看護の専門家になれます。次に助産師ですが、妊娠や出産などの出産行為にかかわるもので、看護師や保健師のように男性も取れる資格と違い女性のみが取れる資格なのが特徴です。専門看護師は、複雑で困難な健康上の問題を抱えた人やその家族、およびそれを取り巻く地域などに対して、質の高い、専門的活総合的なケアを行うにおいて、卓越した看護実践能力を有する看護師です。認定看護師は日本国の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を持っており、実務経験を5年以上を満たした上で認定看護師教育機関にて認定看護分野に応じた教育課程を受け、認定看護師認定審査を合格したものだけが登録できる上級看護師です。看護師の最高峰の存在として他の看護師に対して指導、相談活動を行います。あらゆる場所で看護のスペシャリストを募集しているのが看護師求人の現状と言えます。